髪のうねりの原因と効果的なケア方法


☆2種類の髪のうねりの原因

髪のツヤや手触りを悪くする髪のうねり。髪のまとまりも悪くなるので

悩んでいる方は多いのではないでしょうか。


くせ毛、天然パーマ、縮毛、うねりなど呼び方は色々ありますが、

髪のうねりの原因は先天的な理由の天然パーマ(くせ毛)と、

加齢や日々のケアによる物の2種類あります。


残念ながら先天的な髪のうねりをケアで改善する事は難しく、

ストレートパーマや縮毛強制、ヘアアイロンでうねった髪をストレートに

するしか改善方法はありません。


しかし加齢や日々のケアが原因で髪がうねっている場合は、

日々のケアを見直すことで改善することが出来ます。


「昔はストレートだったのに、加齢と共にうねりが気になるようになってきた」

という方は是非、日々のケアを見直してみてください。



☆髪のダメージがうねりを引き起こす

加齢による髪のうねりの原因の1つが髪のダメージ。

健康な髪は80%のタンパク質と12%水分、5%の脂質で構成されていますが、

ダメージを受けるとこのバランスが崩れます。


ダメージを受けた髪にはダメージホールと呼ばれる穴が髪内部に出来、

髪のバリや機能が崩れてしまいます。このダメージホールに外気の水分が

入り込み部分的に膨張し、髪がうねってしまうのです。


髪のダメージと聞くと「パーマやカラーをしている方だけのもの」と

思いがちですが、紫外線やドライヤーの熱、タオルドライ時の摩擦など普段の

生活で髪は沢山のダメージを受けています。


また髪も老化と共に衰えていくので、若いころは大丈夫でも年齢と共に少しの

ダメージでトラブルを引き起こすようになります。


髪のうねりが気になったらそれは髪のダメージが原因かもしれません。

修復力の高いトリートメントやコンディショナーを日々のケアに

取り入れてみてください。


☆頭皮のたるみが髪のうねりを引き起こす


加齢による髪のうねりのもう1つの原因が頭皮のタルミ。

髪の形状は毛穴の形状で決まります。

髪がつくられる毛母細胞は頭皮の奥にあり、髪が成長する過程で歪んだ毛穴を

通る事で髪が湾曲して成形され髪のうねりを引き起こすのです。


頭皮の歪みは先天的な原因に加え、加齢により頭皮がたるむ事でも歪みます。

頭皮もお顔も1枚で繋がった同じ皮膚。年齢と共に顔のタルミが気になるように、

頭皮もたるんできますので、顔のタルミが気になるという方は頭皮も

同じようにたるんでいる可能性が高いです。


しかも頭皮が1mmたるむと顔は1cmたるむと言われているほど。

頭皮のタルミを改善すると髪のうねりだけではなく、

顔のタルミ改善にも効果的です。


☆頭皮のたるみに効果的なケア方法


頭皮のたるみに効果的なケアは頭皮の保湿と栄養補給です。

頭皮ケアというと多くの方がシャンプーや頭皮マッサージと思いがちですが、

頭皮もスキンケアが1番効率的に効果を期待できます。


お顔のたるみが気になったたら、多くの方が美容液やクリームといった

アイテムを日々のケアに新たに加えたり、今使っているアイテムを

見直したりします。それは直感的に効果が高いと理解しているから。


これは1枚で繋がった頭皮も同じ。

同じ皮膚である頭皮も保水や栄養補給が加齢による衰えには1番効果的なのです。

ですから加齢により髪のうねりが気になるようになったら頭皮専用の

エッセンスや育毛剤といったアイテムで頭皮の保湿と栄養補給を行ってください。


少し前までは頭皮ケア=薄毛対策というイメージで専用アイテムも育毛を

メインにしたものばかりでした。しかし最近のスカルプブームにより沢山の

頭皮ケアアイテムが化粧品ブランドから発売されているので、お顔に化粧水や

美容液を使用する感覚でぜひ日々のケアに保湿や栄養補給、抗酸化作用の

ある頭皮用アイテムを取りいれてみてください。


話題の育毛成分キャピキシル配合【ザスカルプ5.0c】

このページのトップへ